HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは

鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは

≪ 前へ|賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは   記事一覧   築年数が古い賃貸物件のデメリットとは?選ぶポイントについてもご紹介|次へ ≫

鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは

カテゴリ:お役立ち情報

鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは

突然自宅の鍵を紛失したら、「どうやって入ればいいの?」「どこに連絡すればいいの?」とパニックになってしまうかもしれません。
今回はこのような万が一のシチュエーションでも困らないよう、鍵を紛失したときの対処法についてお伝えしたいと思います!

弊社へのお問い合わせはこちら

鍵を紛失したときの対処法!まずは警察や交番への届け出をしよう

鍵を紛失したら、すぐに警察や交番に届け出をしなければならないのでしょうか。
まずは紛失に気付いてからとるべき行動を見てみましょう。

鍵の有無を再度確認して見つからなければ警察や交番へ届け出を

鍵の紛失に気付いたら、まずは落ち着くことが大切です。
一呼吸おいて落ち着いたら、服のポケット、鞄の中や衣服のポケットなどをもう一度丁寧に確認しましょう。
なければ帰宅までの行動を思い出し、立ち寄った店に落とし物として届けられていないか確認しましょう。
落ち着いて何度も丁寧に探しても鍵がなければ、警察や交番に「遺失届」を提出しておきましょう。
遺失届は警察や交番へ直接訪れるほかにも、電話やメールでも提出が可能な場合もあります。

鍵を紛失したときの対処法として鍵の交換は必要?

警察へ届け出たらあとは連絡を待つことになりますが、すぐに部屋に入るためには鍵屋さんへ依頼して開錠してもらい、合鍵が自宅にない場合は作成してもらうのが一般的です。
ここで気になるのが鍵の交換です。
紛失したら必ず鍵交換をしなければならないのでしょうか?
鍵が盗難に遭った場合や、マイナンバーカードや免許証などの身分証明書類と一緒に落とした場合などは、防犯上、鍵の交換をしておく必要があります。
上記以外の場合でも、鍵が戻って来るとは限らないですし、誰かが鍵を拾って持っている可能性もあるので、できれば鍵の交換までしておくと安心でしょう。

知っておきたい鍵の紛失時の対処法!火災保険の開錠サービスとは?

鍵屋さんへ依頼すると、当然ですが費用が発生します。
業者にもよりますが、開錠は5,000円~、交換は10,000円~が相場と言われています。
そこで活用したいのが、火災保険の解錠サービスです。
賃貸物件に住んでいて火災保険に加入している場合、契約内容によっては開錠サービスが含まれています。
紛失した当日でなくても、一般的に期間をさかのぼって請求することもできるので、管理会社や大家さんへ確認してみるといいでしょう。

鍵を紛失したときの対処法として鍵の交換は必要?

まとめ

鍵の紛失時の対処法についてご紹介しました。
うっかり鍵を紛失してしまうと、家には入れず見つかるまでも不安で本当に困りますよね。
もちろん紛失しないよう気を付けるのが一番ですが、万が一紛失しても、落ち着いて上記のような対処法で冷静かつ安全に解決していきましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは   記事一覧   築年数が古い賃貸物件のデメリットとは?選ぶポイントについてもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約