HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 近畿大学の学生に知って欲しい!賃貸で1階に住むメリットについて

近畿大学の学生に知って欲しい!賃貸で1階に住むメリットについて

≪ 前へ|一人暮らしをしている近畿大学の大学生に!住民票の異動が必要なのかについて   記事一覧   「広告の品」とか「限定品」とかダイスケ・・・否、大好き。|次へ ≫

近畿大学の学生に知って欲しい!賃貸で1階に住むメリットについて

カテゴリ:お役立ち情報

近畿大学の学生に知って欲しい!賃貸で1階に住むメリットについて

近畿大学の学生の中には、賃貸マンションやアパートの1階で過ごしている人がいるでしょう。
2階・3階と、上の階で住むのも選択肢の一つですが、1階を選ぶメリットがあります。
今回、賃貸マンション・アパートの1階で住むメリットや過ごしやすくする工夫について紹介していきます。
すでに1階に住んでいたり、どの階にするのか考えている近畿大学の学生は、これから紹介する内容にぜひ目を通してみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で階下である1階にするメリットとは?

賃貸のマンション・アパートで、1階よりも2階以上の階上で住むことを考える人が多くいます。
けれど、賃貸によっては、1階にすると得られるメリットが大きいところもあります。
知らずにいた人にとっても1階にしたくなるほどの魅力があるメリットです。

庭が付いている

1階には、広い庭が付いている賃貸マンション・アパートをオーナーさんが提示している場合があります。
部屋以外にも、ガーデニングや息抜きをする場所といった満喫できる魅力が庭にありますが、管理上どこまで扱って良いのかは変わってきます。
トラブルを避けるために、十分オーナーさんと相談をしていれば、庭が扱いやすいでしょう。

部屋までの行き帰りが楽

1階より上の階に比べると、外へのゴミ出しや引越しをする負担が少ないです。
重い荷物をエレベーターや階段を使って、部屋に持ち込んだりするのは大変で、火災や地震といった災害が発生したとき上から降りないといけません。
1階ならば、移動も楽になるだけでなく、避難経路が多いので逃げやすくなります。

賃貸の1階で快適に過ごせる工夫とは?

賃貸のマンション・アパートに住んでいても、工夫次第で過ごしやすい環境へと変えられます。
1階に住んでいる人には参考になり得る情報なので、どのような工夫があるのか確認していきましょう。

目線を避けるカーテン

部屋に備え付けているカーテンが少し薄いなどの理由で外からの目線が気になることがあるかもしれません。
1階の方が、人が歩く目線の高さがちょうど合いやすいので、住んでから困ることもあるでしょう。
そんなときは、カーテンを遮光性が高い素材や色のものに変えることで、視線が気になる状態を改善できます。

虫の対策

地面と近い部屋である1階は虫が出やすく、対策をせずにいるといつの間にか部屋に入ってきて羽音が気になったりと生活の問題になりかねません。
しかし、防虫スプレーや網戸、対策できることはたくさんあるので、気になる人やまだ困っていない人も、大きな問題になる前に実行してみてください。

賃貸の1階で快適に過ごせる工夫とは?

必見|新築賃貸物件特集です!

まとめ

一番下の階である1階に住むデメリットも、もちろん存在しますが、快適に過ごせるように早めの対策を心がければ、1階で生活する恩恵を多く得やすくなります。
勉学に努める学生にとって、生活する環境というのは重要なポイントでしょう。
生活する環境をより良くするのに、今回紹介したことを参考にしてもらえたら幸いです。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|一人暮らしをしている近畿大学の大学生に!住民票の異動が必要なのかについて   記事一覧   「広告の品」とか「限定品」とかダイスケ・・・否、大好き。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約