HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 物件を探している学生に知って欲しい!賃貸で新築を選ぶメリットとは?

物件を探している学生に知って欲しい!賃貸で新築を選ぶメリットとは?

≪ 前へ|近畿大学の水産研究所が期間限定で提供!養殖の研究対象のウニとトコブシについて紹介   記事一覧   あくまで参考画像。|次へ ≫

物件を探している学生に知って欲しい!賃貸で新築を選ぶメリットとは?

カテゴリ:お役立ち情報

物件を探している学生に知って欲しい!賃貸で新築を選ぶメリットとは?

マンションやアパート、賃貸の物件を探している人にとって、住む場所の判断基準はいくつかありますよね。
賃貸の中で今回、注目すべき点である築年数について、とくに新築の特徴について紹介していきます。
中古の物件を選択することで得られるメリットもありますが、賃貸を新築にして良かったと思う人も、なかにはたくさんいますよ。
それほど、賃貸で新築を選ぶメリットがあります。
しかし、メリットの裏に隠れているデメリットにも目を向けないと、後悔してしまいかねません。
新築の賃貸物件を選ぶ上で、どのような魅力があり、注意しなければいけないか確認していきましょう。
とくに、近畿大学の学生で賃貸を探している人は、ぜひ紹介する情報を参考にすることをおすすめします。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で新築を選択するメリットとデメリット

建てられてから1年経っていない物件のことを指す新築。
中古と違い賃貸物件を新築にすることで、生まれるメリットやデメリットがあるので、詳しく説明します。
2つについて知ることによって、新築を選ぶ判断材料になるでしょう。

新築を選択するメリット

新築にすると、文字通り誰も使用したことのない環境で生活できます。
引越しなどで住む人が変わると、管理者が清掃しているとしても、取れない汚れや傷が残る場合があります。
しかし新築なら綺麗な状態や内装なのはもちろん、時代に連れておしゃれで生活がしやすく設計している新築の賃貸物件が増えています。
新しくなるのは、部屋も含めてセキュリティ面も最新の技術を取り入れた機材など、防犯強化されている物件も多いので、安全性に目を向けている人にも新築はおすすめです。

新築を選択するデメリット

新築のデメリットは、賃貸の募集をしている物件が建設中である場合があり、すでにある賃貸物件では可能な「下見」ができません。
図面などから、部屋の状態を確認したりするため、完成して足を運んでみたときに、要望と食い違う場合もあります。
他にも、メリットであった「誰も使用していない綺麗な環境」は、シックハウス症候群という建材の化学物質が頭痛や吐き気といった症状が現れる人もいます。
新築の建材に多く含まれているため、症状が出る前に換気に気を配ってください。

賃貸物件で新築と比べて見劣りしない築浅のメリット

築浅は、新築のように築1年未満といった定義がなく、建築された年数が浅い物件のことを言います。
年数が経っていても、「まるで新築みたい」と言えるほどの外観や内装となっている物件がほとんどです。
少しの期間でも生活した人がいるケースなど、理由次第で新築よりも、お金の負担を抑えられる賃貸物件が築浅の方が多くあります。
新築を探していても、なかなか見つからないとき、築浅の物件も含めて検索すると発見できるかもしれないので、候補に入れて探してみることをおすすめします。

賃貸物件で新築と比べて見劣りしない築浅のメリット

必見|近畿大学生お勧めの賃貸物件特集!

まとめ

誰も住んでいない環境で生活をスタートしたいと考えるならば、賃貸に新築を選ぶのもいいです。
しかし、新築のデメリットを見て別の賃貸物件にしたいと判断する人もいるでしょう。
近畿大学の学生が、しっかりと勉学に励ためには、住む環境にも影響してくるので、賃貸を探すときの参考にしてください。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|近畿大学の水産研究所が期間限定で提供!養殖の研究対象のウニとトコブシについて紹介   記事一覧   あくまで参考画像。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約