HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > できるだけ物を持たずにミニマリストとして一人暮らしをしてみよう

できるだけ物を持たずにミニマリストとして一人暮らしをしてみよう

≪ 前へ|賃貸物件におけるベランダとバルコニーの違いとメリットデメリット   記事一覧   エアコンを自分で掃除する方法と業者に依頼する場合の費用|次へ ≫

できるだけ物を持たずにミニマリストとして一人暮らしをしてみよう

カテゴリ:お役立ち情報

一人暮らしを始めた最初のころは、物が少なくスッキリしていた部屋が、だんだん物があふれてきてしまうことはよくあります。


できるだけ物を増やさず、シンプルに暮らしたいのであれば、ミニマリストになってみてはいかがでしょうか。


この記事では、できるだけ物を持たずに暮らすミニマリストとはどういった人なのか、またミニマリストになるメリットをご紹介していきます。


できるだけ物を持たずに一人暮らしをするミニマリストとは


できるだけ物を持たずにミニマリストとして一人暮らしをしてみよう


できるだけ物を持たずに暮らす人のことを、ミニマリストと言います。


ミニマルとは、英語の「minimal(最小限の)」という言葉から派生した言葉です。


もともとアメリカの富裕層から生まれたと言われるミニマリストは、単に持っている物が少ない人というわけではありません。


ミニマリストは、必要な物を厳選し、洗練された質のよい物だけを選んで生活することを選んだ人たちのことを指すのです。


物をできるだけ持たずにミニマリストとして一人暮らしをするメリットとは


ミニマリストとして一人暮らしをするには、まずは「手放す」ことから始めましょう。


明らかに不要と思っている物を処分し、そして壊れている物や使っていない物を少しずつ捨てていきます。


「捨てる」ことができなければ、誰かに「譲る」と手放しやすいかもしれません。


やがて手元に本当に必要な物だけが残ったら、今度は「増やさない」ことを意識するようにしてみましょう。


なにか物を1つ買ったら1つ手放すなど、自分なりのルールを決めておけば、必然的に何かを買うときによく考えるようになり、物は増えていきません。


つまりミニマリストになると、簡単に物を買わなくなるため浪費を避けられるようになります。


ミニマリストになれば物が減るため掃除に時間がかからない、また部屋に余計な物がないため勉強や作業に集中しやすいなど、ほかにも多くのメリットがあります。


普段から物が多すぎて掃除を大変に感じている、あるいは片付けることをストレスに感じているような人はミニマリストに向いています。


もっとシンプルに生きたいと思うのであれば、ミニマリストになることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

【物をできるだけ持たずにミニマリストとして一人暮らしをするメリットとは】


まとめ


単純に「持ち物が少ない人」というイメージのあるミニマリストですが、実際には大切な物だけに囲まれて、心豊かに暮らしている人たちと言えるでしょう。


自分に必要な物だけを選び抜き、「好きな物」だけに囲まれるミニマリストとしての暮らし、学生の皆さんもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。

 

最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|賃貸物件におけるベランダとバルコニーの違いとメリットデメリット   記事一覧   エアコンを自分で掃除する方法と業者に依頼する場合の費用|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約