HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介

賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介

≪ 前へ|賃貸物件で喫煙をするとどうなる?対策もあわせて解説!   記事一覧   賃貸の設備を選ぶなら?独立洗面台のメリットとデメリットを紹介!|次へ ≫

賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介

賃貸物件のなかには玄関ポーチと呼ばれる設備がついているものもあります。
通常の賃貸物件とは一味違った玄関先へのアクセス方法ができ、特別感もある種類の物件ですが、果たして玄関ポーチとは何かをご紹介します。
上手な使い方や、使う際の注意点なども見ていき、自分にぴったりの活用術を見つけてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か

まずは玄関ポーチとは何なのかについて解説していきます。

アルコープとは違う設備

賃貸物件の共用廊下のなかにくぼんだスペースがあってその先に玄関がある種類をアルコープと呼びます。
玄関ポーチとは玄関に入るまでの庇または屋根付きのスペースを指す場合や、
マンションなどの場合は共用廊下に門扉を設け、門扉から玄関までにできたスペースのことを指し、アルコープとはまた違った意味を持ちます。
双方とも直接玄関を見られる視線を遮るにはベターな設備ですが、広さで違いが出てきます。

玄関ポーチの掃除は誰がおこなうのか

玄関の近くにあるスペースなので居住者自らが掃除するイメージですが、これは管理会社が共用部分として掃除します。
玄関ポーチ内に居住者の私物を置いている場合、近所の邪魔になるものや契約時に不可とされているものは撤去される恐れがあるので注意してください。

玄関ポーチのメリットについて

一番大きなメリットは目隠しになることです。
ポーチからは居住者でしか見えないため部屋のなかを覗かれたりすることが無くなります。

賃貸物件の設備、玄関ポーチの使い方

次に玄関ポーチの使い方に関する注意点についてご紹介していきます。

何でも自由に置いていいわけではない

玄関先にスペースがあるからといって、何でも好きに居住者の私物を置いていいわけではありません。
賃貸物件の種類によってはそもそもポーチに私物を置いてはいけない決まりになっているものもあります。
契約開始時に置ける私物の種類や可否などをきちんと確認しておきましょう。

玄関ポーチの門扉などを破損してしまったら修理が必要な場合がある

基本的には管理会社の対応で掃除や修繕がされますが、居住者の過失による損傷や破損の場合は修理費を請求されます。
また、規約違反の私物が置かれていると撤去される可能性もあるので使用する際には十分に注意してください。

まとめ

玄関ポーチは、普通の賃貸物件とは一風違った造りになっており特別感がありプライバシーを守ってくれる便利な設備です。
これから住む賃貸物件でのルールをきちんと守って、自分が一番使いやすいようにきれいに使うことでこの設備の意味を最大限に引き出せます。
使用する際は周りへの影響などにも配慮して置くものを選びましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|賃貸物件で喫煙をするとどうなる?対策もあわせて解説!   記事一覧   賃貸の設備を選ぶなら?独立洗面台のメリットとデメリットを紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約