HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件で喫煙をするとどうなる?対策もあわせて解説!

賃貸物件で喫煙をするとどうなる?対策もあわせて解説!

≪ 前へ|シャワーの水圧が弱い原因と正しい対策をご紹介!   記事一覧   賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介|次へ ≫

賃貸物件で喫煙をするとどうなる?対策もあわせて解説!

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件で喫煙するとどうなる?対策もあわせて解説

アパートやマンションで生活をするときは、さまざまなことに注意する必要があります。
物件の設備や建材などにダメージを与えてしまった場合、退去時に多額の費用を請求される可能性もあるため、注意しなくてはなりません。
本記事では、賃貸物件で喫煙をするとどうなるのか、普段からできる対策もあわせて解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件で喫煙をするとどうなる?

愛煙家にとって、自宅でタバコを吸うのは自然なことですが、賃貸物件に住むときには注意が必要です。
では、アパートやマンションなどで喫煙をすると、どうなるのでしょうか?
物件を契約している者は、退去時に原状回復をしなくてはなりません。
入居前と同じ状態に戻して退去する必要があり、タバコのニコチンやタールで部屋の状態を大きく損ねた場合、原状回復の費用が高額になってしまうおそれがあります。
とはいっても、あくまで状態が酷い場合に限ります。
壁紙の臭いや汚れは、普通に生活をしていても付くため、よほど深刻な状態でない限り、多額の原状回復費を請求される心配はないでしょう。
ただ、このあたりは大家さんや管理会社により判断が異なるため、注意するようにしましょう。

賃貸物件で喫煙をする際の対策とは?

退去時に多額の費用を請求されないために、何かできる対策はないのでしょうか。
賃貸アパートやマンションで喫煙をするときには、ちょっとした工夫で高額な費用請求を回避できます。
もっともシンプルかつ効果的なのは、室外でタバコを吸うことです。
室外であれば、壁紙に臭いが染みつく心配もなく、黄ばみも回避できるでしょう。
それからベランダでタバコを吸っている方がいますが、隣や上階の住人からタバコに関するクレームが管理会社に入る、タバコの灰を落とすことで下階の住人からお叱りを受ける、といった可能性もあるため、注意が必要です。
また、タバコを吸うたびに室外に出るのが面倒なら、換気扇の下で喫煙するのもよいでしょう。
換気扇が煙を吸い取り、室外に排出してくれますが、こまめに壁紙を掃除するのを忘れないようにしてください。
黄ばみや臭いが付着する前に掃除を徹底すれば、退去時の高額請求を回避できるでしょう。

まとめ

賃貸物件で喫煙をするとどうなるのか、対策もあわせて解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
室内でタバコを吸うと、壁紙の黄ばみや臭いの付着などが発生し、退去時に多額の原状回復費用を請求される可能性があります。
このような事態を回避するためには、普段から室外でタバコを吸う、換気扇の下で吸うなどの工夫をしましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件もご紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|シャワーの水圧が弱い原因と正しい対策をご紹介!   記事一覧   賃貸物件の設備、玄関ポーチとは何か?使い方をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約